ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月29日

アーセナル、今度はアルテタ監督から再びコロナ感染が確認

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 オミクロン株が猛威を振るうイングランドにおいて、さらにプレミアリーグから新型コロナウィルスの感染が報告された。FCアーセナルのミケル・アルテタ監督からようせ卯反応が確認。そのため元日に行われるマンチェスター・シティ戦であh、アシスタントがその代役を務めることになる。

 アーセナルでは他のプレミアのクラブと同様に、新型コロナウィルスの感染が拡大しており、カラム・チャンバース、セドリック・ソアレス、冨安健洋、エインズリー・メイトランド・ナイルズらが離脱。またアルテタ監督にとっては、2020年3月に感染が確認されて以来、2度目の陽性反応となった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報