ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月31日

チェルシーで「不満」のルカク、古巣インテルについて言及

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここのところ出場機会が増加し、さらに最近では重要な得点を決める活躍をみせている、ルメル・ルカク。ブライトン戦での得点に続き、アストン・ヴィラ戦では途中出場から逆転勝利に貢献するなど、CL王者の下で徐々に調子を上げてきた同選手ではあるのだが、しかしながらスカイ・スポーツとのインタビューにて「現状には満足していない」と語った。

 その理由はトーマス・トゥヘル監督にあり、変更されたシステムがルカクには合わないものであり、「それでも僕は諦めない。僕はプロなんだ」とルカク。確かに負傷やコロナ感染などに悩まされたという背景もあるが、それでも古巣インテルへの復帰は「心の奥深くから」求めるものであり、「まだ自分がトップレベルにいるうちに、共にもっと勝ち取っていきたい」と明言。

 また今夏のインテル退団についてもファンを悲しませたことについて謝罪しており、むしろ感謝の気持ちを抱いていることについて強調。「イタリアを愛している。今こそ、その事を口にすべき時だと思う」と語った。ただ果たして同様の意見を現所属のクラブ関係者、トーマス・トゥヘル監督らが抱いているかどうかについては、大いに疑問が残るところではあるのだが。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報