ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月04日

ニューカッスル、トリッピアーに続くラムジー獲得も視野に?

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 サウジマネーの注入により、今冬の移籍市場における動向で注目を集めている、ニューカッスル・ユナイテッド。先日のはアトレチコ・マドリーに所属する、キーラン・トリッピアーの名前が浮上したばかりだが、さらにアーロン・ラムジーもリストアップしていると、英国のメディアでは報じられているところだ。

 ウェールズ代表として71試合に出場している31歳のMFは、2019年にユベントスへと渡るまでにプレミア通算262試合に出場。だが今季の出場はリーグ戦わずか3試合のみにとどまっており、ユベントスにおけるリストラ対象の1人とも目されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報