ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月06日

ユベントス、引き続きマウロ・イカルディ獲得を模索

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨夏の移籍市場においてもユベントス・トリノは、すでにマウロ・イカルディの獲得を試みていたが、その時は最終的に話がまとまることはなかったものの、今冬の移籍市場でも新たな試みに打っていでているようである。

 フランスのレ・キップが報じた情報によれば、ユベントスは28歳のセンターフォワードの獲得を目指して、イカルディが所属するパリ・サンジェルマンへとコンタクトをとった模様。パリ・サンジェルマン側としても同選手の売却で資金を調達したい考えだが、ただユベントス側はレンタルでの獲得を希望しているようだ。

 その一方でパリ・サンジェルマンのレオナルドSDは、中盤の強化をはかっていきたいとも考えており、レ・キップによればそこでオリンピック・リヨンのルーカス・パケタの獲得を検討している模様。ただ同選手はボシュ監督の下で快適にクラブで過ごしており、早くとも今度の夏までは移籍を考えない可能性がある。

メッシが復帰へ
 
 クリスマスを過ごしたアルゼンチンにてコロナ感染が確認されていたリオネル・メッシが、コロナ検査の結果で陰性が確認されたために、これから復帰することが明らかとなった。これは水曜日にクラブ側より発表されたものであり、医療チームによると数日中にはチーム練習に参加できるという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報