ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月06日

セリエA後半開幕戦:ボローニャvsインテルが中止、更なる追随の可能性も

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 セリエAではコロナ感染の増加と隔離命令により、一部のチームにおいて後半戦初戦の開催が危惧、もしくは不可能となっており、なかでもボローニャvsインテル戦については開催不可能であることが明らかとなった。

 現在セリエAのクラブではボローニャ、ウディネーゼ、サレルニターな、トリノなどが担当当局より隔離命令を受けており、そのため試合開催の延期を申請するクラブも。

 こういった状況でリーグでは木曜日にに、最低人数の取り決めを発表しており、GK1人を含む13人が陰性である限りは、試合を行わなくてはならないとのこと。これは今季のみ有効で、仮に最低人数がいながらプレー不可能の場合は0−3での敗戦扱いになるという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報