ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月07日

ボローニャ、インテルに0−3で不戦敗。

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 決して行われることのない試合に向けてのウォーミングアップ。保健局との矛盾。セリエAでは多くの混乱を抱えたまま、後半戦の幕開けを迎えることになった。ボローニャは保健局から隔離の扱いを受けたために試合会場を訪れることは叶わず、リーグから試合延期の許可が得られなかったために、インテルはスタジアムに集まってウォーミングアップ。全て通常通りに試合開催の段取りが組まれ、そして3−0でのインテルの勝利が宣告されている。

 確かにセリエAでは木曜日になって、新たに起用可能な選手数によって延期できるよう新ルールを規定したものの、今週の試合までにはあまりに遅すぎるものだった。それにほればGK1人を含む13選手がコロナ検査で陰性だった場合、試合開催は可能とみられ、参加しないクラブは0−3で不戦敗扱いとなる。ただ規定の設定でリーグが介入できるようになったとはいえ、今後は保健当局とどういったやりとりが行われるのか。むしろ新たな混乱が生じる恐れもあるだろう。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報