ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月13日

アストンヴィラ、コウチーニョに続きディニュも獲得

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 プレミアリーグのアストンヴィラは、今冬の移籍市場では攻勢を仕掛けている。年末に就任したスティーブン・ジェラード監督は、リヴァプール時代に同僚だったフィリッペ・コウチーニョを、FCバルセロナから獲得。さらにこれにエヴァートンFCからリュカ・ディニュも続いた。

 ラファ・ベニテス監督のとの不和により28歳のフランス人選手については、これまで移籍が取り沙汰されており、プレミアリーグのそのほかのクラブ、チェルシーやウェストハムなども候補として浮上。左サイドバックを主戦場とする同選手の獲得には、移籍金として2700万ユーロほどが見積もられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報