ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月14日

ユスフ・デミア、バルセロナからラピド・ウィーンへ帰還

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ユスフ・デミアのパルセロナ挑戦は終わりを迎えた。18歳のFWのレンタル契約は即時に終了となり、新たにラピド・ウィーンと2024年までの契約にサインしたことが発表されている。「これからのタスクと、顔馴染みたちとの再会を楽しみにしているところだよ」と同選手はコメント。

 これから冬季キャンプにて指導していくことになる、フェルドホファー監督は「すでに国際経験もあり、非常に才能あふれる選手を迎え入れられた。素晴らしいね。8年間ここにいたし、慣れも短く、そのポテンシャルを発揮してくれれば大きな補強となる」と期待感を示した。

 同選手は昨夏にバルセロナへとレンタル移籍しており、夏期準備期間での好調ぶりが評価され、チャンピオンズリーグ3試合、リーグ戦6試合に出場。あと公式戦1試合に出場していれば、財政難に喘ぐバルセロナには、1000万ユーロでの買い取り義務が発生することになると言われていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報