ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月16日

スペイン国王杯、棒が選手を直撃し中止へ

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)16強、レアル・ベティスとセビージャによる一戦は、突如として中止を迎える結果となってしまった。前半ロスタイムに、フェキルが放ったCKが直接ゴールへと吸い込まれ同点となった際、歓喜に沸く観客席からピッチに向かって、棒状のものがなげこまれており、それがジョアン・ジョルダンの頭部を直撃。

 同選手は頭を抱えて倒れ込んだものの、間も無くしてすぐに立ち上がると、そのままピッチ外へと連れ出されている。主審を務めたリカルド・デ・ブルゴス審判員は即座に試合を中断。セビージャの選手たちはそのままロッカールームにとどまり、一方のホームのベティス側の多くはピッチに残って再開を待ったが、最終的には中止が宣告された。

 なおその棒状のものが投げ込まれたと思われる観客席には、警官隊の姿も見受けられており、その日の夜にベティスは「試合中に物を投げ込んだことについて強く非難するとともに、犯行を行った者の特定のために直ちに警察に協力している」とツイイート。また現時点ではまだ試合再開の時期、そもそも再開するのかなど不透明となったままとなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報