ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月19日

ジェノア、ラバディア監督との交渉は決裂か

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イタリアのメディアが報じた情報によれば、ブルーノ・ラバディア監督と、イタリア1部セリエAのCFCジェノアとの、移籍交渉はすでに決裂となってしまったようだ。本来ならば昨日火曜日に、ドイツ人指揮官は到着予定となっていた。

 しかしながら元ハンブルクのシュポルス新SDが就任したジェノアと、同じくハンブルクにて指揮をとっていたラバディア監督との間で、”Rai Sport”によれば、新戦力の獲得に関する見解で相違がみられたとのこと。

 それが理由となり今回の判断へと至ったようで、同メディアによればジェノアでは現在、ロランド・マラン監督や、元指揮官ダヴィデ・二コラ監督も、選択肢の1つとしてリストアップされている模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報