ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月23日

国王杯でマルセロが一発退場、3試合の出場停止処分へ

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 コパ・デル・レイ4回戦のエルチェ戦では、無得点のまま延長戦へと突入したレアル・マドリードでは、いまやバックアップに甘んじるマルセロが、決定機で相手を意図的に止めたとして一発退場。

 その結果、レアルは遂に先制点を許すことになるのだが、それがむしろレアルの闘争心に火をつけたか、最終的には108分のイスコ、115分のアザールによりゴールで逆転。準々決勝進出を果たしている。

 ちなみにその場面をスローで確認すると、マルセロはまずボールにプレーしており、大袈裟に倒れた相手のモレンテには触れなかったように見え、さらにその30分前にもモレンテに起こった全く同様のプレーによって、トニ・クロースに警告。

 試合後、ドイツ代表MFは皮肉のツイートを投稿しており、退場処分を受けたマルセロは主審に直接暴言。そのため出場停止期間は延び、3試合の出場停止処分が言い渡されており、復帰は決勝戦からということになった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報