ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月25日

アフリカ杯16強で混乱。8人が死亡、36名が負傷

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日の夕方にカメルーンの地元当局は、アフリカカップ16強カメルーンvsコモロ戦前に発生した、集団パニックにより死者が8人にまで増加したことを明らかにした。負傷者は36名。また警察の発表によれば、首都ヤウンデのオレンベ・スタジアムの外では、中に押し寄せようとしたファンたちが、この悲劇の引き金となってしまった模様。アフリカサッカー協会はこの事件を調査中であるとし、現在はカメルーン政府や現地組織委員会と連絡をとりながら事態の確認を急いでいるとのこと。

 なおカメルーンにとって今回のアフリカカップ開催は、1972年以来2度目のことであり、本来は2019年に開催が確定していたものの、スタジアムが開催に適さないとの懸念があり、権利を剥奪。代わりにエジプトがホスト国として開催していたという背景がある。つまりはその時からセキュリテイ問題が懸念されていたということ。また情報によれば今回の観客動員数は、コロナ禍の影響で80%(4万8000人)に制限されたところに、5万人ほどが観戦を試みていたようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報