ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月30日

アマダ・トラオレ、バルセロナへとレンタルで復帰

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでに英国メディアでは、アマダ・トラオレがトッテナム・ホットスパーを退団し、FCバルセロナへの復帰を希望していると報じ、金曜日にはメディカルチェックのためにカタルーニャへと移動。その際に撮影された写真も話題となっていたが、その翌日の土曜日には正式に、FCバルセロナから入団が発表されている。

 当初バルセロナのユースチームに在籍していた同選手だったが、トップチームの壁を破れずに2015年、イングランドのアストン・ヴィラへと移籍。その後に移籍したウルヴァーハンプトン・ワンダラーズでの印象的な活躍で注目を浴びる存在となっていた。

 だがフィジカルに長けたウィンガーは今シーズン、20試合の出場でわずか1得点と、8度のスペイン代表経験をもつ同選手の期待に応えることができておらず、26歳となった今、再び古巣へと戻り再起をはかることになる。形式は今季までのレンタルながら、伝えられるところでは3000万ユーロでの買取オプションも付随。来月2日にも正式に発表される見込みとなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報