ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月31日

アーセナル、オーバメヤンのバルサ移籍間近。穴埋め役にモラタ?

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 英紙アスレティックは、FCアーセナルに所属するピエル=エメリク・オーバメヤンが、すでにFCバルセロナへの移籍に近づいているとの情報を報じた。

 それによれば3者間の交渉に「大きな進展」が見られており、今シーズンいっぱいまでのレンタルが見込まれているという。ただまだ未解決となっている最大の懸案事項は、やはり週給42万ユーロと言われる高額なサラリーであり、いまのところはまだバルサ側にどれほどの用意があるか明らかになっていない。

 その一方でFCアーセナルFCはその穴埋めの獲得へと動く可能性があるようで、ユベントス・トリノからアルバロ・モラタを迎え入れるかもしれないという。英紙ガーディアンが報じた情報によれば29歳のストライカーの説得へとあたるため、ミゲル・モリーナACがイタリアへと飛んだようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報