ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年02月01日

ファン・デ・ベーク、エヴァートンにレンタル移籍

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マンチェスター・ユナイテッドで思うような時間を過ごせていなかったドニー・ファン・デ・ベークが、これからエヴァートンFCへと戦いの舞台を移し、再起をはかることになった。今シーズンいっぱいまでの期限付きにて加入することになるMFは、クラブ公式TVにて「とても嬉しいし、早くチームの助けとなりたいね」とコメント。「素晴らしいクラブで、素晴らしい選手がそろっている。ここには順位表を駆け上がるためにきた」と意気込みをみせた。

 2020年夏に基本的な移籍金4000万ユーロにて、マンチェスター・ユナイテッドへと加入していた同選手。成果によっては4500万ユーロまで上昇する仕組みにはなっているものの、これまで出場した50試合で2得点。バックアップに甘んじており、エヴァートンでは再び実践感覚を取り戻していきたいところ。なお今回のレンタルには買取オプションは付随しておらず、土曜日のブレントフォード戦は見送られるものの火曜のニューカッスル戦から出場する見込みだ。

 さらにエヴァートンはこの日、トッテナム・ホットスパーからデレ・アリを獲得。これまでの6年半で、のべ269試合に出場し67得点をマークしていた25歳とは、2024年6月末日までの契約を締結した。特に今冬より就任したランパード監督は、同選手の獲得を切望していたと言われており、今回エヴァートンが支払う移籍金額は1200万ユーロながら、成果に応じたボーナス次第では3600万ユーロにまで膨れ上がる仕組みとなっているようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報