ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年03月11日

トゥヘル監督「ユニフォームとバスさえあれば戦いに行く」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日にロマン・アブラヒモヴィッチ氏とFCチェルシーを襲った、英国政府による制裁措置の一部には、試合ごとの往復の交通費にも及ぶ(最大2万ポンド)ものもあり、そもそも新規獲得に向けた契約交渉が認められず、メインスポンサーからは距離を置かれ、選手のサラリー自体いつまで支払われるかも不透明な状況だ。

 そんな激動の中で迎えたノリッジ・シティ戦にて、何事もなかったかのように3−1で勝利をおさめたトーマス・トゥヘル監督は、「チームは気持ちの強さを発揮してくれたね。彼らのことを誇りに思うよ。」とコメント。特にチャンピオンズリーグ出場権をかけた重要な勝ち点3の確保にも成功した。

 ただFIFA年間最優秀監督賞にも輝いた同氏は、BBCとのインタビューにて、クラブを取り巻く状況に「明日はどうなるかはわからないよ」とも吐露。それでも「ユニフォームとバスさえあれば試合に向かい戦力を尽くす」と述べ、自身について特に退団などは考えになく「私はこの強豪クラブの監督でいられることに幸せを感じている」と強調している。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報