ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月02日

チェルシー、セサル・アスピリクエタとの契約を更新

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜日にFCチェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、セサル・アスピリクエタとの契約が延長されたことを認める発言を行なった。主将を務める32歳について、「そうだよ、そしてそれは我々にとって朗報だ」とコメント。複数のメディアが伝えた情報によればそれは、一定の出場試合数を超えたために自動的に更新がなされたものだという。「彼がチェルシーに残留する可能性は非常に高まった」と指揮官は喜びをみせた。

 その一方でアンドレアス・クリステンセンについては、むしろFCバルセロナへの移籍が迫っているとも言われているところ。「我々もその噂は耳にしている」と述べ、「まだ本人と話していないから確定事項ではないがね」とコメント。ただ契約が今季で満了のため、確かにクラブ側へ他クラブとの交渉の許可は必要ない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報