ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月09日

クロップ監督、プレミア首位攻防戦は「見応え十分」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 プレミアリーグ頂上決戦マンチェスター・シティとの首位攻防戦を前に、リヴァプールFCのユルゲン・クロップ監督は「正直言って、面白い試合になると思うね。両チームともに力の限りを尽くして戦う。見応えのある試合となることだろう。どちらも隙を見出してチャンスを作る」とよそうし、決して0−0のために戦わないスタイルを強調した。

 ただそれと同時に、「彼らは全ての部分において優れており、本当に弱点のないチームだ」と絶賛。「だが彼らもこの広いピッチにフィールドプレーヤーを10人しか配置できない。だからかならずやれる場面は出てくる」と言葉を続ける。

 そしてフィルミノやジョッタなど、選手起用面やシステムに関する質問も寄せられたが、あくまでそういった部分も展開・局面に依るもので、このプレミア首位攻防戦はあたかも『フィールドのチェス』の様相を呈する可能性があるだろう。確かに見応えは十分だ。


 またクロップ監督はグアルディオラ監督に対しても、「世界最高の監督」との賛辞を贈っているが、これに対してグアルディオラ監督はこの発言内容、そして2023年からはブラジル代表監督になるのではという憶測も共に強く否定。「私は最高ではない」と改めて主張した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報