ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月12日

カゼミロ、ベンゼマを絶賛。ベイルには擁護

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 いまやカリム・ベンゼマは、まさに止められない選手となってしまった。リーグ戦で27得点、チャンピオンズリーグで8得点と、おそらくこれほどまでのフランス代表FWの姿を目にすることはなかったのではないかと思える程に。しかしカゼミーロは、ロナウドがいた時代と比較して「彼に足りなかったのはゴールだけ」と強調。「それ以外はすべて同じだ」と明言する。「彼はこのクラブの物語なんだ。このチームにいてくれて光栄だし、いま最も重要な選手となっているね」

 その一方で週末に行われたヘタフェ戦では、今季限りで退団を明らかにしたガレス・ベイルに対して、交代の際にファンからのブーイングが浴びせられていた。このことについてカゼミーロは、「彼にブーイングができるファンはこのクラブの歴史にブーイングをしていることと同じ」と批判。ただいずれにしてもその花道を、おそらくはCL決勝という舞台で飾れるのではないか。


準決勝の相手チェルシーのトゥヘル監督は、「初戦の結果をみればさほどチャンスはない」としつつ「挑戦する価値はある。つまり我々は全力を尽くし限界に挑む」と表現、逆転は「ほぼ不可能だが夢は見れる」と語ったが、ただカゼミーロは「彼らは前回王者なんだ」と意に介さない姿勢を貫いた。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報