ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月15日

UEFA、ウクライナ代表関連のW杯予選日程を発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FIFAとUEFAによる協議の結果、戦争のためにまだ開催されていない2022年ワールドカップ・プレーオフ、2試合の試合日程を明らかにした。

 ロシアによる侵攻を受けているウクライナでは、スコットランド代表戦が急遽延期とされており、それが6月1日に開催。さらにその4日後にはその勝者が、ウェールズ代表と対戦してワールドカップ行きを決めることに。

 ちなみにすでにワールドカップの組み合わせ抽選会はすでに終了しており、ここで出場権を獲得したチームはグループリーグBへ。つまりイングランド代表、イラン代表、そして米国代表と本選出場をかけて争うことになる。

 なお関係する8カ国の協会との協議の結果で、6月上旬に控えるネイションズリーグのいくつかの試合が延期。UEFAによれば前述のウクライナ、スコットランド、ウェールズに加えて、アルメニア、ベルギー、オランダ、ポーランド、アイルランドも影響を受けるとのこと。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報