ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年05月11日

スティーブン・ジェラード、リヴァプールのリーグ優勝争いに影響を与える可能性も

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜夜にリヴァプールFCがアストン・ヴィラを迎え撃つ際に、特に注目を集めることになるのが敵将、スティーブン・ジェラード監督だ。リヴァプールFCのレジェンドは現役時代、プレミアリーグ優勝を目指し続けたものの最後までそれを果たせておらず、そして今回リヴァプールの逆転優勝に一役を担う可能性がこのジェラード自身の手腕に寄せられているのだ。

 火曜日にプレミアリーグ2位のリヴァプールと対戦するアストン・ヴィラは、その12日後には首位マンチェスター・シティと対戦。ただ本人はタイトル争いへの影響を与えることを望んではおらず、あくまで自分たちのチームについて集中しているところ。「私の仕事はアストン・ヴィラの勝利にある。」と、試合前日の会見にて41歳の指揮官は語った。

コウチーニョを、「わずか」2000万ユーロで購入か

  FCバルセロナからアストン・ヴィラへと、レンタル移籍にて加入しているフィリッペ・コウチーニョ。とくにスティーブン・ジェラード監督は同選手の購入を希望しているといわれ、その購入金額は「わずか」2000万ユーロといわれているところ。ただ2018年には1億4000万ユーロを投じて獲得した、現在は財政難に喘ぐバルセロナとしては、その資金とサラリー分の節約につなげることができる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報