ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年05月23日

マンCファン、優勝確定後にロビン・オルセンの後頭部を殴打

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 リーグ首位のマンチェスター・シティは一時アストン・ヴィラに追いつかれる場面もあったが、しかし、交代で出場したイルカイ・ギュンドアンが試合を決め、プレミアリーグは最終節で劇的なフィナーレを迎えた。

 試合終了のホイッスルが吹かれると、他のスタジアムでもよく見られるように、多くのファンがピッチになだれ込み、エティハドスタジアムは大混乱に。その中でアストン・ビラのロビン・オルセンが襲われたようで、プレミア優勝に沸くシチズンズのファンによって後頭部を殴られた模様。

 英紙ガーディアンは、ジェラード監督が選手たちは無事か?との質問に「うちのGKが攻撃された。そういう質問は、ペップとマンチェスター・シティにすべきだ」と語ったことを伝えており、試合終了から1時間後にはクラブ側から「ロビン・オルセンに心からの謝罪」と、即時の調査と断固たる対応をとることを誓った。

 その一方でビジャレアルは、先日のオリンピック・マルセイユからの退団が発表されていた、ブバカル・カマラの獲得を発表した。契約は今夏で満了を迎えるために、獲得に際して移籍金の支払い義務は発生しない。なお22歳のボランチとの契約期間は2027年まで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報