ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年05月25日

マンUのテン・ハフ新監督「あくまで自分自身で判断する」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マンチェスター・ユナイテッドのエリック・テン・ハフ新監督が、初めてメディアとの質疑に応じた。

 プレミアリーグ史上最悪のシーズンを終え、王者で地元のライバルであるマンチェスター・シティに35ポイントの差をつけられた記録的な王者は大きな分岐点に差し掛かっており、エールディビジ4連覇を達成した同氏には、赤い悪魔をかつての栄光へと導くことが期待されている。

 さらに前任者であるラルフ・ラングニック氏も、この変化に貢献することが期待されているところ。今後、同氏はオーストリア代表監督としての仕事と並行しながら、2年間に渡りユナイテッドのアドバイザーを務める予定なのだ。

 その中でラングニック氏が、ユナイテッドには新シーズンに向けて最大10人の選手が必要だろうと口にしたことについて聞かれたテン・ハフ監督は、「それも分析の一部。私は私で分析するし、チェックして、たくさんの人の話をきく。自分の中で判断していく」」と明言した。

グラントが現役引退

 マンチェスター・ユナイテッドのリー・グラントがそのキャリアに終止符を打った。2018年にストーク・シティからしていた39歳のバックアップGKは、「511試合に出場した後、自分のキャリアにおいて次のステップに進む時が来たと判断した」と、決意した理由についてクラブ公式で説明した。

リンガードがウェストハム復帰?
 
 一方でジェシー・リンガード(はウェストハムに復帰するのか?2020/21シーズン後半戦ではハマーズにレンタル移籍し、9ゴールと好調なシーズンに貢献していたMFだが、その後、マンチェスター・ユナイテッドでの再挑戦を決意するも思うように事は運ばず、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督はリンガードの復帰を検討していると、英メディアは報じている。
   


  • ブンデスリーガ・各チーム情報