ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年06月24日

パリGK、アーセナル、ニューカッスル:フォファナ巡り三つ巴

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 中盤の補強を目指すパリ・サンジェルマンでは、RCランスのセコ・フォファナ(27)に狙いを定めているようだ。「L’Equipe」によればすでに最初のクラブ間交渉が行われており、ただアーセナルとニューカッスルも競合。ランスは主将を務めるコートジボワール代表に対して移籍金、3000〜4000万ユーロを求める考えのようだ。

 その一方でアーセナルはリーズ・ユナイテッド所属のアタッカー、ラフィーニャの獲得を目指しており、『The Athletic』によるとアーセナルは最初のオファーを提示したが、断りが入れられた模様。さらにこちらについてはバルセロナも関心を示していると言われる。

 ニューカッスル・ユナイテッドについてはGKニック・ポープ(30)獲得が発表。降格したバーンリーから2026年までの契約で迎え入れており、 エディ・ハウ監督は「他の多くのクラブ」からも求愛される「並外れたGK」に期待感を示した。。ポープはドゥブラフカ(33)に代わり先発する可能性がある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報