ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年06月28日

ニューカッスル、渦中の新ユニフォームが遂に発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年の5月にインターネットに流出したそのデザインが大きな波紋を呼んでいた、ニューカッスル・ユナイテッドの新シーズンに向けたユニフォームが、本日火曜日にはそのままサウジアラビアのナショナルカラーである、緑と白のユニフォームで発表がなされた。

 特に昨年秋にサウジアラビア政府系ファンドが率いるコンソーシアムがクラブの株式の過半数を取得。特にサウジアラビアは長年にわたり、数々の人権侵害で非難され、サッカー界のみならず、多くの人々の反発を招いたが、プレミアリーグは、サウジアラビアがニューカッスルをコントロールすることはできないと繰り返し強調している。

 当時、人権団体アムネスティ・インターナショナルの英国代表であるフェリックス・ジャケンズ氏は、この報道が事実であれば、「スポーツウォッシング」であると批判。この新しいジャージは「政権がニューカッスルを使ってポジティブなイメージを植え付けようとしている明確な証拠」になると指摘していた。

ニューカッスル、リールからボットマン獲得

 スフェン・ボットマンがリールを離れ、ニューカッスル・ユナイテッドに移籍することが明らかとなった。22歳のセンターバックはそれ以前では、オランダのアヤックス・アムステルダムとSCヘーレンフェーンにてプレー。その後フランス渡り、リーグ・アンのリールで2年間プレーしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報