ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月01日

インテル:ミキタリアン、アスラニ、オナナを獲得

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヘンリク・ミキタリアンASローマを離れ、同じセリエAのインテル・ミラノにフリーで移籍することが、金曜日にクラブ公式サイトにて発表された。昨シーズン、イタリアのトップリーグで31試合に出場したアルメニア人MFにとって、ドルトムントを退団後はマンU、アーセナル、ローマに次ぐ、すでに4クラブ目ということになる。

 さらにインテル・ミラノは移籍市場において活発な動きをみせており、同じくセリエAのFCエンポリから、昨季セリエA準優勝クラブはクリスティアン・アスラニを獲得することを発表した。まずは20歳の若武者はレンタル料400万ユーロで期限付き加入し、その後はイタリアではよくみられる1000万ユーロの買い取り義務が発生する仕組みとなっている。

 またインテル・ミラノはゴールキーパーについても、昨シーズンはドーピング違反で出場停止を受けたために、アヤックスでエールディビジ6試合の出場にとどまっていたアンドレ・オナナを獲得した。おそらくは同じ日に発表されたミキタリアンと同様、今回の獲得に際して特に移籍金を払うことはないだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報