ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月05日

イングランド、全クラブが立見席申請可能に

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前シーズンのテスト段階を経て成功した、プレミアリーグの「セーフスタンディング」プロジェクトにより、来シーズンからは全チームがスタンディングエリアへの転換を申請できるようになった。

 このテストにはマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーFCなどが参加。年初から行われた試みが最終的には功を奏する形で、来シーズンからはイングランドのトップリーグに所属するすべてのクラブがスタンディングエリアへの転換を申請できるようになる。

 英国のスポーツ・文化・メディア・デジタル担当大臣ナディン・ドリース氏は、「しっかりとした試験、徹底した証拠、最新の技術のおかげで、スタジアムを再びスタンディングエリアにする準備が整いました」と説明。ただし、クラブが許可されるには「厳しい安全基準」を満たす必要があるとのこと。

 1989年のヒルズボロ事故を受けて、1994年からイギリスのスタジアムでは、スタンディングエリアが全面的に禁止されていた。ただ長い議論の末、2021年9月に復活への動きが正式に発表され、1月1日からひとまず実施されることになっっていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報