ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月11日

鎌田大地との契約延長を目指す、アイントラハト・フランクフルト

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトに所属する鎌田大地は、フィリプ・コスティッチやイヴァン・ヌディカと同様、契約を来シーズンまで残す主力選手として、この夏その動向が注目されているところだ。

 そんななかドイツの大衆紙ビルトとのインタビューにて、マルクス・クレーシェSDは「彼ら皆がここで居心地良く過ごしているし、このチームで自分たちが手にしているものが何かを知っている。」とコメント。ちなみにワールドカップまで半年という中で、フランクフルトはチャンオンズリーグ出場をEL王者としてポット1で臨める立場にある。

 そして「私の目標は、このチームを引き続き維持するということにあるんだ」とクレーシェSD。そして鎌田大地との延長交渉について「そのため鎌田側とはずっと連絡を取り合ってきたのだ。それにすでに数字の話についてもしている。どうなっていくか見ていこうではないか」と言葉を続けた。

 ちなみにインタビューの中では、長谷部誠についても言及。「ハセはとにかく凄い。私が23歳の時でも、38歳の彼ほどの体力なんてなかった。いったい、どうやっているんだ(笑?ただ彼は完璧なプロで、いつか良いコーチとなるだろう。彼のように全体を理解して、すでにチームメイトを指導しているような選手というのは、えてしてそうなるものだ」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報