ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月11日

テン・ハフ監督「ロナウドを売りには出していない」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マンチェスター・ユナイテッドでその去就が注目される、クリスチアーノ・ロナウド。果たして今シーズンはどこでプレーすることになるのか?テン・ハフ監督は「彼の移籍希望は記事でしか目にしたことはなく、直接耳にしたことはない」と説明。

 「クリスチアーノ・ロナウドを売りになど出していない。彼は我々の計画の一部であり、今はプライベートの事情によりチームへの参加を見合わせているところなんだ。私たちは新シーズンに向けて、彼を構想に入れて練っているところだよ」と、月曜日の会見の席にて明言している。

 なおその後にマンチェスター・ユナイテッドは、オーストリアツアーにも向かうことになるのだが、ロナウドはそれには参加することができるのか?それもまだ確定しいていないと、テン・ハフ監督。ロナウドと直接話をしているという同氏は「本当にいい話し合いをしたんだ」とも強調した。

 一方でそのテン・ハフ監督が獲得を臨むフレンキー・デ・ヨングについては、マルカ紙によると月曜日にクラブの代表団がバルセロナへと到着、移籍交渉にあたるという。給与体系とバルサの財政状況と子弟関係などから移籍の有力候補として長く挙げられてきた両者だが、移籍金についてもバルサの望む7500万ユーロに近づけるとも言われており、近々動きがあるかもしれない。

 そんななかアンドレアス・ペレイラがマンチェスター・ユナイテッドを退団することになった。2012年にPSVアイントホーフェンから移籍したベルギー出身のブラジル人選手は、今回プレミアリーグ昇格を果たしたFCフラムと4年契約を締結(1年延長のオプション付き)。レンタルが続いていた26歳の移籍金は、1200万ユーロ弱となった模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報