ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月14日

フレンキー・デ・ヨングの去就は?余談許さぬ状況が続く

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨シーズンではウォルバーハンプトン・ワンダラーズで過ごしたフランシスコ・トリンコンを、今度はスポルティング・リスボンへと1年間の期限付きにてレンタルした、FCバルセロナ。

 今回の契約には買い取りオプションも付随しており完全にチームを去る可能性があるが、その一方でフレンキー・デ・ヨングはこのまま留まることになるのか。それともマンチェスター・ユナイテッドに移籍することになるのか。

 すでにクラブ間では移籍で合意に近づいていると言われているが、まだその先行きはまったくもって不透明なまま。問題はデ・ヨング自身がカタルーニャの地から離れたくはないと考えているためであり、同選手の代理人がここ数日、クラブ首脳陣に再度その考えを伝えたともいわれているところ。ただラポルタ会長が残留の前提としていた減俸についても受け入れる用意はないようだ。

 むしろマンチェスターUではリサンドロ・マルティネスの方が進展。アヤックス所属の万能MFはそこでアヤックス時代によく知るテン・ハフ監督との再共闘に臨むことになる。移籍金額は5000万ユーロで、争奪戦に敗れたアーセナルは、すでに別のオプションを模索しているようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報