ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月15日

マンチェスターU、クリスチャン・エリクセンと3年契約

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マンチェスター・ユナイテッドは金曜午後、クリスチャン・エリクセンの獲得を正式に発表した。直近ではブレントフォードにてプレーしていた30歳のMFは、2025年6月末日までの契約にサイン。「マンチェスターUは特別なクラブであり、早くスタートを切りたい気持ちだ。オールド・トラッフォードでは何度もプレーしたことがあるが、これからマンチェスターUの赤いユニフォームを着てその場に立てることは非常に良い気分だよ」とコメント。獲得を切望した「テン・ハフ監督の仕事ぶりについてはアヤックス時代でみていて、彼と彼のチームが日々どれほどの努力をしてきたか理解できる。素晴らしいコーチであり、この協力関係をとても嬉しく思っているところだ」と言葉を続けた。

 1年ほど前に行われたユーロ初戦で心停止に陥り病院で緊急手術、一名を取り留めたデンマーク代表は、除細動器を装着したためそれまで所属していたインテルでのプレーを続けられず契約解消、今冬にブレントフォードにて復帰しており、そこでの半年間のプレーは関係者の注目を集めるほどのもので、今回のマンチェスター・ユナイテッドとの3年契約という形で報われている。ちなみにマンチェスター・ユナイテッドではさらに、バルセロナのフレンキー・デ・ヨングについても、クラブ間にて合意に達しているといわれ、ただ選手自身が移籍に前向きではないとの報道がスペインでなされた。ただバルサのジョアン・ラポルタ会長は金曜日に「売却に迫られているわけではない」としつつ、米国ツアー参加については「監督次第」と明言を避けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報