ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月18日

リサンドロ・マルティネス、マンチェスターUで引き続きテン・ハフ監督と共闘へ

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨季はレスター、そしてニューカッスルに続くプレミア3位の失点数を記録してしまった、マンチェスター・ユナイテッド。そのため今夏より就任したエリック・テン・ハフ監督にとって守備陣の改善は数多くの仕事リストの中でも重要なポイントであり、そしてこのたび24歳のセンターバック、リサンドロ・マルティネスの獲得へと至った。同選手の所属元であり、そして昨季までテン・ハフ監督が指揮をとっていたアヤックスに対しては、移籍金額は5000万ユーロを支払う模様。

 ちなみに2019年にアルゼンチンからオランダに引き寄せたのもまたテン・ハフ監督であり、この度は2度目の獲得ということにもなった。ただ現時点ではまだ基本合意の段階であり、これからメディカルチェックやビザの手続きなどが残されているところ。そのためコパ・アメリカで七度の優勝経験をもち、ボランチや左SBもこなすディフェンダーとはまだサインを交わすことはできていない。

 だがこれにより3年間にわたりテン・ハフサッカーを知り尽くす男が加入する見込みとなり、マンチェスターUは今夏タイレル・マラシア、クリスチャン・エリクセンに続く三人目の補強に成功。おそらくは更なる動きに打って出る事だろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報