ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月23日

アーセナル、マンチェスターCからジンチェンコ獲得

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアーセナルはミケル・アルテタ監督が切望していた、オレクサンドル・ジンチェンコの獲得に成功した。昨季はわずか勝ち点2差でチャンピオンズリーグの出場権を逃した同クラブは、昨季プレミア王者のマンチェスター・シティからカブリエル・ジェズスに続き、2選手目を獲得。そこでの契約は2024年まで残されていたため、移籍金はおよそ3500万ユーロが支払われたようだ。ウクライナ代表として52試合に出場した経験を持つ左サイドバックの新たな契約期間は4年。

 グアルディオラ監督のACを務めていたアルテタ監督は、ジンチェンコを当時に知る間柄でもあり「個人的によく知っている選手だし、マンチェスター・シティ時代から彼の成長を追ってきた。アレックスは我々とよりポリバレントにしてくる、質の高い選手だよ。ポジション的にだけでなく、攻守両面におけるポリバレントさも重要なんだ」と評価した。これでアーセナルは前述のジェズスはじめ、ビエイラ、マルキーニョス、ターナーに続く、今夏5人目の戦力補強に成功。一方のマンチェスターCも左SBの補強を目指し、以前よりブライトンのマルク・ククレジャの名前が取り沙汰されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報