ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月29日

ロナウド、スポルティング復帰交渉も、指揮官は難色?

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 英紙『The Athletic』によると、クリスチアーノ・ロナウドとその代理人を務めるホルヘ・メンデス氏が、ポルトガル1部スポルティング・リスボンとの会談を行ったとのこと。CR7はマンチェスター・ユナイテッドからの退団を希望しており、仮に実現するならば古巣への復帰という意味合いももつことになる。

 かつてロナウドはユース時代にポルトガルの名門クラブでプレーしており、そこでプロの世界へと飛躍しており、実際にロナウドが求めているとされるチャンピオンズリーグ出場権も昨季リーグ戦準優勝で確保中。ただ『The Athletic』によると、ロナウドとの契約はスポルティングにとって莫大な資金力を要するものであり、さらにアモリム監督はこの獲得に難色を示しているという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報