ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年08月05日

レナト・サンチェス、パリ・サンジェルマン移籍へ

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 もしも1年前に膝の負傷さえしていなければ、今回のパリに向かうことはなかったかもしれない。だが目前のところで破談となっていたレナト・サンチェスは、1年が経過しこれからはパリ・サンジェルマンへと戦いの舞台を移すことになった。その移籍金は1500万ユーロと封じられており、パリ・サンジェルマンにとってはこの夏、ヴィトール・フェレイラ、ノルディ・ムキエレ、そしてウーゴ・エキティケに続く4人目の新戦力を迎え入れたことになる。

 2019年にバイエルン・ミュンヘンとのすれ違いにピリオドを打ったサンチェスは、これまで在籍してきたOSCリールでブレイクを果たすことに成功。パリ・サンジェルマンを抑えてのサプライズ優勝にも貢献しており、数ヶ月前からはケシエの後釜候補としてACミラン移籍が有力視されていたが、最終的にはその時の指揮官、クリストフ・ガルティエ氏が就任したパリ・サンジェルマンで更なる飛躍をはかる。

 その一方でパリ・サンジェルマンでは、昨夏に加入するもすでにジョルジニオ・ワイナルドゥムは移籍に迫っているところであり、イタリアのメディアの報道によれはもしASローマがチャンピオンズリーグ本戦出場となれば、31歳のオランダ人選手を移籍金900万ユーロを投じる形で迎え入れる模様。一方でオランダ代表MF自身としても、今冬に控えるワールドカップを視野に入れ、出場機会の増加をはかりたい考えだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報