ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年08月05日

セサル・アスピリクエタ、チェルシーと契約延長

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年の7月にはFCバルセロナとの移籍合意報道も流れていた、セサル・アスピリクエタ。しかしながら木曜日には10年間在籍してきたFCチェルシーと、新たに2年契約にサインしたことが発表。これにより移籍の噂は一掃されたことになる。

 クラブ側は「2012年にマルセイユから加入、のべ200試合以上で牽引してきた我々のキャプテンは、クラブでもっとも献身的で信頼のおける成功をおさめてきた選手の1人であり、そして2024年までクラブのために尽くすことが明らかとなっています」と発表。

 チェルシー通算403試合に出場して14得点をマークしてきた32歳のスペイン人SBは、「ホーム」との契約の正統性を強調しつつ、「本当に愛を感じるし、新しいプロジェクトに向けてとても興奮しているんだ」とコメント。

 また新オーナーのベーリー氏は「主将が再び模範的なコミットメントと、そしてリーダーシップを発揮してくれたことを非常に喜ばしくおもっている。これからまだまだたくさんのことを共に取り組んでいきたい」と語った。

リキ・プーチがLAギャラクシーに入団


 既報通りリキ・プーチが、LAギャラクシーに移籍することが明らかとなった。22歳のMFは2025年末までの契約を締結、ただしFCバルセロナは買い戻しオプションを有していることも併せて発表している。さらに次回移籍の場合も、移籍金の半分がバルサ側に渡る形で、同選手の9年間のカタルーニャ時代にピリオドが打たれている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報