ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月29日

メッシとクリスチアーノ・ロナウドが、チームメイトに?

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 果たしてリオネル・メッシは、これから今シーズンはどこでプレーすることになるのか。謎は日を追うごとに深まるばかりだ。今度はフランスのレ・キップ紙がマンチェスターシティと共に、イタリアの名門ユベントス・トリノも獲得を視野に入れていると報道。つまりもしもこれが成立するならば、メッシはクリスチアーノ・ロナウドとチームメイトになるということだ。

 記事では「彼らはサッカーではライバル関係にありながら、その一方でお互いをリスペクトし合い、高く評価し合う関係でもある。そんな二人が手を取り合い共闘していくならば、再び彼らの手にはチャンピオンズリーグの杯が戻ってくることだろう」とも掲載している。

 その一方でバルセロナに近いスペインのムンド・デポルティーボによれば、アンヘル・ディ・マリアとネイマールが、パリ・サンジェルマンへ迎え入れたいと考えているようだが、ただ記事のタイトルには「メッシは売り物ではない」とも付けられていた。

 なおバルセロナとの契約を2021年まで残す33才については、移籍金として7億ユーロが設定され、契約解除を巡り議論になっているとも伝えられるが、まずメッシとしてはバルサの本拠地カンプノウにて、コロナ検査を受けなくてはならない。最初の練習は月曜日に控えているところだが、これから数日で状況が明らかとなってくるかもしれない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報