ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月03日

メッシの父が「友好的に」バルトメウ会長と話し合い

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日の夜、リオネル・メッシの父であり、代理人を務めるホルヘ・メッシ氏は、FCバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長との会談を行い、スペインのマルカ紙などが報じたところでは、両者が和解へと至るようなことはなかったようだ。

 今回の意見交換に際して、双方は互いの要求を主張しており、マルカとラ・バンガルディアによれば、バルサ側の計画はおそらく、メッシを2022年まで契約で引き止めたいと考えていたようで、一方で20年近くプレーしてきたメッシはそれ以上にプレーする意思がない事を、同選手の父が明らかにした模様。

 FCバルセロナのオフィスにて1時間半に渡り行われたこの話し合いの場には、リオネル・メッシ本人は参加してはおらず、ラ・バンガルディアによればクラブ側は、「友好的な雰囲気であった」ことを強調。ただし更なる協議があるかについては未定。

 メッシの父は水曜日の午前にアルゼンチンから、プライベートジェットに乗ってバルセロナへと到着。その際にも、「彼が残ることはむずかしいと思う」と、記者団たちに語っていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報