ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月04日

パリSG、更にイカルディ、ナバス、マルキーニョスもコロナ感染か

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日にパリ・サンジェルマンは、3人の選手がコロナ検査の結果で陽性反応がみられたことを発表したが、さらにその翌日にも再び3選手から、コロナ陽性反応が確認されたことを発表した。

 なお前日に引き続いてクラブ側から該当選手の名前が明かされることはなかったが、それをネイマール、ディ・マリア、パレデスの3選手と報道していた仏紙レ・キップによれば、今回はマウロ・イカルディ、ケイラー・ナバス、そしてマルキーニョスだという。

 さらに同紙によればこれらの選手たちは全て、チャンピオンズリーグ決勝後にバレアレス諸島のイビサ島にて、友人や家族らと共に休日を過ごしていた模様。そして今回の結果を受け、いずれの6選手共に隔離を余儀なくされることとなった。

 なおパリ・サンジェルマンでは来週木曜日に、ランスでのリーグアン開幕戦を迎えるところだが、しかしながらチャンピオンズリーグ決勝に伴い延期されたこの試合が、6選手離脱という事態を受け再度延期されることになるかは、今のところはまだわからない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報