ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月07日

英代表若手2選手が女性連れ込む、サウスゲート監督「我々は適切に対応」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜午前に行われた練習では、フィル・フォーデン(20)メイソン・グリーンウッド(18)の姿が見受けられたなかった。そして予定されていたイングランド代表ガレス・サウスゲート監督の会見は1時間半ほどずれ込んでおり、その理由となったのがイングランド代表を直撃した、ハリー・マグワイアに続く大きなスキャンダルである。

 月曜日にアイルランドの大衆紙が報じたのは、イングランド代表としてデビューしたばかりのフォーデンとグリーンウッドが、直後の土曜日にコロナ対策ルールに違反。本来はチーム全体が隔離された状況を保たなくてはならなかったにも関わらず、女性の訪問を受けていたという。そしてその疑惑は即座に、サウスゲート監督より明らかなものとなった。フォーデンとグリーンウッドはコペンハーゲンへの遠征に帯同することなく離脱。

 「これは非常に深刻な状況だ」と語った指揮官は、「彼らは甘かった。そして我々は適切な対応をとったということ」と説明。しかしまだ、全てが明らかとなったわけではないだろう。「あとでしっかりと、また話し合いをしなくてはならない。彼らは謝罪していたが、それは本当に短い間でのことだから」と言葉を続けている。

 なお両選手が女性をホテルに連れ込んでいたのか?との問いについては「我々が占めているホテルのエリアに関しては、何も起こっていない」とコメント。「出来る限りの情報を集めようとしているところなんだ」と付け加えた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報