ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月09日

欧州初!代表100得点のロナウドに、各方面から祝福の声

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜夜に行われたネイションズリーグ第2戦スウェーデン代表戦にて、クリスチアーノ・ロナウドが2得点をマーク。これにより欧州の選手として初めて、国際Aマッチ100得点突破、さらに101得点にのせる偉業を達成した。

 なおロナウドの101得点のうち、親善試合による得点は17しかなく、例えば今回の対戦相手スウェーデンからは、2013年にハットトリックを挙げてW杯出場を決めたこともある。

 また同選手は2004年にはじめてユーロに参加して以降、全てのビッグトーナメントで常に得点を重ねており、その結果ユーロ通算得点数ではプラティニ氏に並ぶ最多得点記録(9)を保持。

 そして今回の偉業の達成には、各方面から祝福のメッセージが寄せられており、かつてポルトガル代表で同僚だったヌーノ・ゴメスは「君と同僚だったことは喜びであり、君はポルトガルの誇りだ」と述べ、ナニも「これは史上最大のストーリーだ」と称賛。

 またマンチェスター・ユナイテッド時代でチームメイトだった、リオ・ファーディナンドは「現役通算100得点を決められない選手も多い中、これを代表チームだけでやってのけるなんて、クレイジーだ」と脱帽。「ただ、まだ俺ほどのイケメンじゃないぜ。10点満点中7点くらいだな」とおどけた。

 なお欧州内における国際Aマッチ得点数2位は、1950年代にハンガリーで活躍したフェレンツ・プスカシュ(84)。現役選手でみるとスニル・チェトリ(インド:72)、リオネル・メッシ(アルゼンチン:70)、ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド:61)、そしてエディン・ジェコ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)とルイス・スアレス(ウルグアイ)の59得点。

 ちなみに世界記録保持者は、かつてアルミニア・ビーレフェルト、バイエルン・ミュンヘン、ヘルタ・ベルリンなど、ブンデスリーガにてプレーした経験をもつ、アリ・ダエイ氏(イラン)で109。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報