ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月13日

エムバペ、パリSGに移籍希望を伝える

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 パリから更なる激震だ。最近ではコロナ危機騒動に揺れる同クラブだが、イギリスのザ・タイムズ紙が報じたところでは、パリ・サンジェルマンに所属する世界的スター選手キリアン・エムバペが、今シーズン限りをもって同クラブを退団する意向をクラブ側に伝えたという。

 21才のフランス代表FWは、より強豪のリーグで自らの力を試したいと考えており、すでにユルゲン・クロップ監督率いるFCリヴァプールのプレースタイルや、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリードのプレースタイルについて称賛。

 とりわけエムバペとレアル・マドリードは、これまでの移籍市場においても、幾度となくその関連性が伝えられてきた間柄だ。なおエムバペとパリ・サンジェルマンとの契約は2022年までとなっていることから、もしもこのまま今季終焉を迎えることになれば、パリ側としてはいずれ延長か売却の判断を迫られることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報