ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月14日

ユベントスのピルロ監督「一刻も早くCFが必要」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アンドレア・ピルロ氏はユベントス・トリノの監督としての初シーズンを迎えるところだが、しかしながらいまだセンターフォワードの不足という問題も抱えており、このことに対しての警鐘も慣らしている。

 確かにこれまで長期に渡りルイス・スアレスとの繋がりは指摘されており、ASローマのエディン・ジェコの名前や、さらにエヴァートンのモイーズ・キーン復帰の話題さえ、”Football Italia”が伝えていた。

 「移籍市場はまだしばらく開いているが、ただそれでもできるだけ早くストライカーが求められるよ」と、スカイ・スポーツ・イタリアに対して新指揮官はコメント。イグアインが去った今、偽9番としての起用可能ならが万全ではないディバラを除き、センターフォワード不在の状況にある。

 ただ基本的にピルロ監督は、「異なる戦術的なバリエーションを試してみたい」と考えており、先日のノバーラとの親善試合では4バックと3バックの両方を採用。そしてオフェンス面では、スーパースターのクリスチアーノ・ロナウドと若手デヤン・クルゼフスキが、この日の先制点でみられたような息の合ったプレーを披露した。

 その一方でルイス・スアレスについては今も切れたわけではなく、ただクーマン監督からの構想から外れているとみられる中で、スアレス側が求めているという高額なサラリー面での問題。加えて義父の関係でイタリアへの帰化に向けた語学テストも残されており、33才のストライカーは今も引き続き勉強中。

 なおリーグ10連覇を目指すユベントスの開幕戦は、来週日曜日の日本時間27時45分に開催。相手はサンプドリア・ジェノアだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報