ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月15日

伊藤純也所属ヘンク、ハネス・ヴォルフ監督を解任

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 かつてブンデスではVfBシュトゥットガルトにて浅野琢磨を、ブンデス2部ではハンブルガーSVでは伊藤達哉と酒井高徳を指導した経験をもつ、伊藤純也所属のベルギー1部KRCヘンクの指揮官、ハネス・ヴォルフ監督が火曜日に解任されたことが発表された。

 昨年11月より就任し、これまでリーグ戦22試合、チャンピオンズリーグでは2試合で指揮をとってきた39才のドイツ人指揮官だったが、しかしながらその間で勝利をおさめられたのは僅か8試合のみ。

 そして今季第5節の鈴木武蔵所属の昇格組ベールスホット戦では、ヘンクは5失点を喫しての敗戦(2−5)。これを受けてクラブ首脳陣は、ヴォルフ監督解任の決断を下している。なお不思議なことに11月に同氏が結んだ契約には、特に契約期間は含まれていなかった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報