ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月20日

ベイルがトッテナム復帰、レギロンも5年契約で加入

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 トッテナム・ホットスパーは、レンタルにてレアル・マドリードから、ガレス ・ベイルが復帰することを発表した。”Bale is Back”との言葉で歓迎された同選手については、世界トップ10高級取りの状況に代わりはなく、週休38万ユーロと言われる一部をレアル側が負担。そのためサラリー面でみれば、ベイルはプレミアリーグ現役最高級取りという立場にもなる。背番号は9。

 トッテナムにて指揮をとるジョゼ・モウリーニョ監督は、かつてレアル・マドリード時代にも同選手の獲得へと動いた経緯があり、実際にベイルは2013年に当時の史上最高額の移籍金にて、レアルへと加入するのだがモウリーニョ氏は退任したあとのことだった。そしてそれ以降のレアル時代では4度ものチャンピオンズリーグ制覇を果たすなど、栄光の日々を過ごしていたものの、ジダン監督復帰以降は役割を失っており、モウリーニョ監督の下で再起をはかることになる。

 さらにレアル・マドリードからはベイルと共にセルヒオ・レギロンも、こちらは5年契約による完全移籍により加入することが発表された。2018年10月にデビューを果たした23才のディフェンダーは、昨季レンタル移籍したセビージャにて主力としての活躍を披露。ヨーロッパリーグ優勝をも果たしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報