ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月24日

チェルシーがメンディ獲得。ケパのライバル?後継?

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日にFCチェルシーは、仏1部スタッド・レンヌより、エドゥアール・メンディを獲得した。移籍金額は2400万ユーロで、契約期間は2025年まで。表向きでは、サッカーGK史上最高額で加入したケパ・アリサバラガとの”定位置争い”が期待されているが、実際のところは後継者として計画されていることだろう。とりわけここ数ヶ月間にみせていたケパのパフォーマンスは、目に余るものがあった。

 2018年にアスレチック・ビルバオから8000万ユーロで、スタンフォード・ブリッジへと渡ってきたスペイン代表だったが、シーズン終盤では38才のカバジェロに居場所を奪われるパフォーマンスを露呈。メンディにはその立て直しが託されることが期待されるものの、ただいずれにせよメンディもまた、まずはプレミアに慣れるところが始まるというのが実情である。

 ちなみにクラブの象徴的存在でもあるペトル・チェフもまた、メンディと同じくスタッド・レンヌから、チェルシーへと渡ってきたゴールキーパーであり、現在チェルシーの技術顧問も務める同氏は、クラブの発表によれば今回のメンディの獲得に大きな影響を与えたとのこと。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報