ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月25日

ティアゴ、アーセナル戦で初先発?「アイデアはある」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週の日曜日に行われたFCチェルシー戦で、FCリヴァプールでのデビュー戦を45分間に渡り飾ったティアゴ・アルカンタラ。だがその存在感を示すには十分すぎるほどの時間であったと言えるだろう。29才のスペイン人MFは、さっそくプレミアリーグの歴史に名を刻むタッチ数を誇ってみせたのである。

 果たしてこれから迎えるFCアーセナル戦では、スターティングメンバーの中にティアゴの名前を見ることになるのだろうか?「まぁ、それは見てみようではないか」と、リーグカップ戦リンカーン・シティ戦での勝利後に、ユルゲン・クロップ監督はコメント。主将のジョーダン・ヘンダーソンは欠場を余儀なくされるが、「確かにアイデアはある。だがなぜそれを、今ここで決めなくてはいけないんだ?」と言葉を続けた。

 その一方で今回対戦するアーセナルについては、「卓越した指揮官」ミケル・アルテタ監督の下で、「見事なストラクチャーを有しており、攻守のバランスは本当に良いものがみられるね」と評価。「アルテタ監督は、とても印象的な仕事をしていると思うよ。クラブ全体の雰囲気を変えたんだ」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報