ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月30日

メッシがファンにメッセージ「過ちは受け入れる」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 明日の木曜日にセルタ・デ・ビーゴをホームで迎え撃つ、FCバルセロナ。今夏は退団騒動に揺れた主将リオネル・メッシは、この激動の時間を鎮静化の方向へと持っていきたいと考えているようだ。

 「多くの意見の相違があった。ただそれにもう終止符を打ちたいと思う。」と、33才のアルゼンチン代表は”Sport”とのインタビューの中でコメント。それと同時に「バルセロナのファンとして、団結していくことこそが最善の道」と訴えている。

 そしてその上で、「僕はクラブのことを何よりも考えているということに、疑いの余地はないだろう」と強調し、たとえそこで過ちをおかしたとしてもあくまで「バルセロナをより良くしていためのこと」と述べつつ、「自分の過ちは受け入れる」とも語った。

 今夏、リオネル・メッシは退団への強い意志を示したものの、首脳陣がこれを阻止。最終的に法的論争を避けたかったメッシが折れる形となったものの、それでもバルメトウ会長への批判はおさまらず、また最近ではアトレチコへと移籍したスアレスに対する対応にも苦言を呈している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報