ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月15日

ナポリ、ユベントスに不戦敗扱いも徹底抗戦

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 10月4日に開催予定となっていたユベントスvsナポリ戦は、すでにセリエA側が発表していた通り、ユベントスが3−0での勝利扱いとなる上に、ナポリ側の勝ち点1が剥奪されることを明らかにした。

 ナポリはトリノにて行われるアウェイ戦を前に、新型コロナウィルスの陽性反応が2選手より確認されたことを受けて、遠征を中断。クラブの代表を務めるアウレリオ・デ・ラウレンティス氏によると、地元の保険当局からの禁止が通達されていたという。

 しかしながらセリエAではプレー可能な13選手に満たない場合のみ試合を延期できるとしており、リーグ側は延期を拒否して開催を主張。そのためユベントスが敢えてスタジアムに到着し、相手選手を待つという奇妙な光景が見受けられている。

 ただしナポリ側はこの判断が下される以前より、敗戦扱いとなった場合には、更なる法的手段へと訴える意向をすでに示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報