ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月28日

余りに大きかった重圧:バルサのバルトメウ会長辞任

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イタリア・トリノでのアウェイ戦を翌日に控え、長期に渡り批判を受けてきたFCバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、即座に辞任することが明らかとなった。今夏のリオネル・メッシの退団騒動では、最終的にメッシは残留を決意するも批判を受けており、さらに先日のクラシコ直前には主将ジェラール・ピケからも、メッシと同様に厳しい言葉が寄せられていた。

 さらに不信任投票への動きもある中で、月曜日に行われた役員会ではあくまで退任はしないと固辞。さらにカタルーニャ政府に対して、不信任投票が行われないように働きかけていたことも伝えられている。いずれにせよ来年3月の会長選挙の結果次第では、いずれにしてもクラブを後にする可能性があった同氏は、もはや重圧の重さに耐えきれなかったか、即座の辞任をクラブ公式にて表明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報